1. 霊園・墓地トップ
  2. お墓の建て方
  3. 様々な墓地の形態
お墓の建て方

様々な墓地の形態

墓地を経営主体別に大きく分けると、「公営墓地」と「民営墓地」に分けられます。それぞれに特徴があり、取得の方法や使用制限なども異なるため、双方の特徴を理解した上で決めるようにしましょう。

公営墓地……各都道府県市町村などの白治体が管理・運営する墓地で、宗教の制限はありません。

民営墓地……宗教法人や公益法人(財団法人や社団法人など)が管理・運営する墓地で「公園墓地」や「寺院境内墓地」などがあります。

承継者がいなくても、永代に渡って供養と管理をしてくれる『永代供養墓』や、家族に限らず、複数の人を葬る『合祀墓』などが新しいかたちとして注目されています。

まず何を重視するかを考えることがポイントです。

墓地形態のポイント、注意点

公営

都立・市営霊園など

ポイント
  • 墓地使用料や管理費が比較的安い。
  • 一般的には石材店の指定はなく、自由に選べる。
  • 白治体が管理/運営しているので信頼できる。
注意点
  • 市街地から遠い場所が多い。
  • 取得者(その地域の住民であることや、居住年数、お骨がある人を優先するなど) の資格制限がある。
  • 墓石の形や大きさ、1区画の面積について制限が多く、場所を選べないことが多い。
  • 希望者が多く、競争率の高い抽選になることが多いので取得が困難な場合がある。
民営

公園墓地

ポイント
  • 購入者の資格制限がない。
  • 宗教・宗派を間わないところが多い。
  • 敷地の広さや墓石の大きさ、形を自由に選べる。
  • 法要施設や駐車場などの設備環境が整っているところが多い。
注意点
  • 一般的に郊外にあることが多く、場所によってはお墓参りに不便なところもある。
  • 石材店が指定されている。
  • 霊園ごとに規模の大小がさまざまである。
民営

寺院境内墓地(お寺)

ポイント
  • 市街地にあり、交通の便が良いところ が多いのでお墓参りが楽にできる。
  • 管理が行き届いているところが多い。
  • 寺院の維持・管理に協力する檀家になることで信頼関係が築け、お墓の諸事について安心できる。
  • 法要のとき、本堂を利用できる。
注意点
  • 宗教・宗派が違う場合は改宗をする。
  • 寄付金が必要な場合もある。
  • 石材店が指定されている場合がある。

メモリアルアートの大野屋の霊園検索なら、
地域や宗教などの様々な条件からご希望の霊園・寺院墓地が見つかります。
資料請求リストにチェックすると最大10物件まで、まとめて資料請求できます。

矢印

お墓の建て方ガイドを差し上げています。応募ページはこちら

税込み表示の商品と税抜き表示の商品があります。税抜価格の商品につきましては、『+税』と表示しています。