1. 霊園・墓地トップ
  2. 大野屋の墓石・お墓
  3. お墓の引越し(改葬・移転)とは
大野屋の墓石・お墓

お墓の引越し(改葬・移転)とは

「お墓の引越し」とは、すでにお墓や納骨堂に納めた遺骨を、他のお墓や納骨堂へ移すことです。
正式には「改葬(かいそう)」といい、公的な手続きが必要となり、ご希望に応じて4つの方法から選べます。

お墓のことで悩んでいる方が増えています

「お墓が遠くて管理が大変」「お墓を守ってくれていた親戚がいなくなった」「お墓参りの出費が大変」「墓地管理者とのお付き合いに悩んでいる」など、お墓のお引越しを考える方が増えています。
「お墓の引越しって出来るの?」「どうやってするの?」など不安も多いお墓の引越しですが、実際にお墓を引越しをされたお客様からは「引越しして良かった」との満足の声が寄せられています。

お墓の引越しガイドを差し上げています。応募ページはこちら

お墓の引越し(改葬・移転)方法・代表的な4つパターン

お墓の引越しには一般的に4つの方法があります。 お墓の引越しには、主に
(1)遺骨と石碑を一緒に移動 (2)遺骨すべてを移動 (3)遺骨の一部を移動 (4)分骨
の4パターンがあります。あなたがご希望するのはどのタイプですか?
どんな方法があるかをご紹介します。

既存の墓石

既存の墓地

一般的に、移動できるのは石碑と遺骨だけです。納骨棺や外柵といわれる周りの石は、移動先のお墓と寸法が合わないなどの理由で移動させられません。

※遺骨を納骨棺内へ直接埋葬してある場合は、
  納骨棺内の土を遺骨の代わりに移動することがあります。


パターン1 石碑と納骨してあるお骨すべてを移動

石碑と納骨してあるお骨すべてを移動します。
既存の墓所は石碑移転後更地に戻します。

石碑を持ち込める墓地と持ち込めない墓地があるので、事前に確認しましょう。また、今までの石碑寸法に合った墓地を探す必要があります。
>> 石碑持込可能霊園・墓地を探す

パターン2 納骨してあるお骨全てを移動

納骨してあるお骨すべてを移動します。
石碑は新しいものをご用意し、
既存の墓所は撤去処分後更地に戻します。

お客様のご依頼でもっとも多いケースです。 遠くに引越すときの輸送費を考えると「パターン1」より費用が少なくて済む場合もあります。

パターン3 複数ある骨壷の一部を移転

複数ある骨壷の一部を移動します。
石碑は新しいものをご用意し、
既存のお墓はそのまま残します。

ひとまず埋葬しておいた遺骨を後から取り出すなどの事情によって特定の遺骨を移すケースです。
手続きは引越したい遺骨の分だけ行います。

パターン4 骨壷の中のお骨の一部を移転(分骨)

骨壷の中のお骨の一部を移動(分骨)します。
石碑は新しいものをご用意し、
既存のお墓はそのまま残します。

既存墓地の管理者や火葬場から分骨証明書を発行してもらいます。
分骨の場合は役場の手続きは必要ありません。

手続きはどこでするの?

「改葬」いわゆるお墓の引越しの手続きについては、「墓地埋葬等に関する法律」に定められています。【「改葬」を行おうとする者は市町村の許可を得なければならない】とあるため手続きの窓口は市町村の施設(多くは役場)に置かれています。

一番多いのはどのタイプ?
新しいお墓の「区画が狭い」「景観の基準に合わない」などの理由で古い墓石を移せないことが多く、「遺骨のみ」引越す方が過半数を超えます。
グラフ

お墓の引越し(改葬・移転)の流れと行政手続き

新しいお墓の準備や行政手続きなど全体の流れを10のステップで解説します。
ご自身で行うことが難しい場合は「お墓の引越しおまかせサービス」をご利用ください。

STEP1

新しいお墓を探す

引越しすることが決まったら、まずは引越し先を探しましょう。大野屋のホームページでは、おすすめの霊園・墓地など常に最新情報をお知らせしています。
霊園・墓地の情報は下記からご確認ください(資料請求が出来ます)。

関東の墓地・霊園検索 | 関西の墓地・霊園検索東海の墓地・霊園検索

↓石碑持込可能霊園・墓地はこちらから↓
関東 石碑持込可能霊園・墓地関西 石碑持込可能霊園・墓地東海 石碑持込可能霊園・墓地

STEP2

新しいお墓を決める

新しいお墓が決まったら、管理者より下記書類を発行してもらいます。

発行してもらう書類 墓地使用許可証 又は 受入証明書

STEP3

納骨の時期に合わせて建墓工事契約をする

具体的な建墓のご相談です。石碑も移設する場合は、それに合わせた設計をし、墓石のデザインや石の種類、文字彫刻などを決め、正式に契約します。建墓は通常約3ヵ月かかりますので、納骨の時期からさかのぼって契約する必要があります。

STEP4

改葬許可申請書を取り寄せる

申請書は自治体ごとに書類が異なりますので、必ず既存の墓地のある役場から取り寄せます。自治体によってはホームページからダウンロードできます。

発行してもらう書類 改葬許可申請書

STEP5

既存墓地管理者との手続き

既存墓地管理者から下記書類を発行してもらいます。
改葬許可申請書と一体の場合も多いです。

発行してもらう書類 埋蔵証明書 又は 収蔵証明書(納骨堂の場合)

※証明書は遺骨1名ごとに必要です。

STEP6

既存墓地のある、市町村役場との手続き

下記書類を市町村役場窓口へ提出し、改葬許可証を発行してもらいます。

提出する書類 改葬許可申請書 埋蔵証明書 墓地使用許可証 受入証明書

※自治体ごとに提出書類が異なりますので、あらかじめご確認ください。

発行してもらう書類 改葬許可証

STEP7

ご遺骨を取り出す

「閉眼式」や「魂抜き」などと呼ばれる宗教儀式を行います。菩提寺の住職に墓前で読経してもらうのが最も多いケースですが、宗教・宗派によって儀式が異なりますのでご注意ください。取り出し作業は石材店が行います。

※既存の墓地を返還する場合は管理者の指示にしたがい、更地に戻す等の整備をしてください。

STEP8

ご遺骨を安置する

持ち運びの際には、骨壷が割れたり、遺骨がこぼれてしまわないよう、さらしや風呂敷などで包みます。新しいお墓ができるまでは、ご自宅の仏間や引越し先の墓地などに安置します。

STEP9

新しいお墓が完成

石碑の移動、据え付けなどの工事をしてもらい、完成後、墓石の引渡しを済ませます。

STEP10

新しいお墓に納骨。開眼・納骨供養をおこなう

墓前で「魂入れ」「建碑式」「奥津城開き」など宗教・宗派に則った儀式を行い、遺骨を納骨します。納骨時には下記書類が必要になります。

必要な書類 改葬許可証 墓地使用許可証

お墓の引越しガイドを差し上げています。応募ページはこちら

お墓の引越しを経験された方に聞きました

「お墓の引越し」というのは、難しいものなのでしょうか?
実際に経験されたお客様に、引越しを決めた理由から心配したこと、期間などをお聞きしました。

お墓の移転を考えた理由は?(複数回答)

故郷のお墓参りは遠くて大変だ!

  • 現在の住まいとお墓との距離が遠い理由として、団塊の世代を中心に就職などの理由で都会に出て生活の拠点を持ち、お墓のある郷里には戻るつもりはない、ということが背景にあるようです。

移転にあたって心配したことは?(複数回答)

引越し費用っていくらかかるのかしら?

  • ご予算の範囲内で希望するお墓の引越しが完了するのかは、皆さんが気になるところ。お墓の引越しの費用と支払先についてはこちらのページで詳しく解説しています。

移転を考え始めてから完了するまでの期間は?

そろそろお墓の引越しを考えなくては

  • 全体の7割近くの方が考え始めてから1年以内にお墓の引越しを完了させています。

どこから移転しましたか?

故郷のお墓が遠いんだけど大丈夫かしら?

  • 移転元で最も多かったのは関東、次いで関西の順でした。2014年8月から2016年7月までの2年間に当社にいただいた移転元の現地調査のご依頼も東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、大阪府の順に多いという結果が出ています。

墓参の回数は変わりましたか?

墓参の回数グラフ

  • お墓の引越しをしたことで、7割以上の方が「お墓参りの回数が増えた」と答えています。

※2014年メモリアルアートの大野屋アンケート調べ

お墓の引越しガイドを差し上げています。応募ページはこちら

▲このページのトップに戻る

お墓の引越しのよくあるお困りごと

いざお墓の引越しを考え始めると直面する様々なお困りごと。
その代表的な3つについて詳しく解説します。

遺骨の移送

ご遺骨はご自身の手で運んだ方が安心ですが、年齢や距離により難しい場合は業者に依頼することも可能です。

<自分で運ぶ場合>
衝撃で骨壷が割れないように自分で梱包する必要があります。

<頼む場合>
運送会社ではゆうパックのみ受け付けています。
メモリアルアートの大野屋では「お墓の引越しおまかせサービス」内で受け付けています。

「お墓の引越しおまかせサービス」では、移送後のご遺骨の保管も承ります。

遺骨の移送

土葬の場合

遺骨が土葬の場合は火葬が必要となります。

ご遺骨の取り出しに立ち会った石材店に依頼し、近くの火葬場で火葬します。

土葬の場合

役所の手続き

手続き(「改葬許可申請書」の提出)は移転元の墓地がある地方自治体で行います。

役場の窓口の受付時間内に出向くことが難しい方は、手続き代行も受け付ける「お墓の引越しおまかせサービス」をご利用ください。

役所の手続き

墓じまいとは…

「墓じまい」と聞くと今あるお墓を撤去し、更地に戻す。
お墓を持たない新しい選択と思っていませんか?
実は「墓じまい」はお墓の引越しを行う上での流れの一つです。
今あるお墓に納めているご遺骨、
お墓を撤去した後は合葬墓や樹木葬、散骨をとお考えになる方も多いかと思います。
「墓じまい」を終え、新しい埋葬先へご遺骨を納めることを改葬(お墓の引越し)と言います。

墓じまいをご検討の方はこちら

お墓の引越しガイドを差し上げています。応募ページはこちら

  • お墓の引越しおまかせサービス

税込み表示の商品と税抜き表示の商品があります。税抜価格の商品につきましては、『+税』と表示しています。