墓じまいをご検討の方へ

 

墓じまいとは

墓じまいとは、今あるお墓の跡継ぎが不在となり、管理費が払えなくなって無縁墓となる前に、今お墓を守っている方がご自身の判断で墓地の権利を宗教法人などの墓地管理者に返還する、遺骨の納られていた墓石を撤去・処分し、全ての遺骨を取り出して別の場所に移すことです。一見するとお墓を持たないで済む新しい選択肢のように思えるかもしれませんが、実際は遺骨を跡継ぎや管理を必要としない合同墓(納骨堂、永代供養墓、樹木葬墓地など)に移す改葬(お墓の引越し)のプロセスの一つを指しています。

方法と費用

すでにお墓や納骨堂に納めた遺骨を他のお墓や納骨堂などへ移すことは、正式には「改葬(かいそう)」と言い、遺骨を納めているお墓の所在地にある役所に改葬許可申請書を提出するという公的な手続きが必要です。手続きは役所の窓口で行います。「お墓の引越し」で流れと行政手続きの方法を詳しくご案内しています。
今ある墓石の撤去・処分は、通常はそのお墓を建てた石材店に依頼します。墓石を撤去してどのような状態にすればいいのかは墓地によりますので、その確認を行い、詳しい見積もりを出してもらうといいでしょう。
なお、メモリアルアートの大野屋では今ある墓石の撤去・処分、遺骨の移送も承ります。「お墓の引越しおまかせサービス」で費用例を紹介していますので、お墓を建てた石材店がわからない方は参考にしてください。今あるお墓の撤去・処分のための現地見積り調査は日本全国無料です(沖縄・離島を除く)。

お墓設置イメージ

取り出した遺骨の行き先

墓石を撤去して取り出したご先祖様の遺骨の行き先には複数の選択肢があります。
新しく個別のお墓を建てることなく、跡継ぎや管理を必要としない合同墓(納骨堂、永代供養墓、樹木葬墓地など)に納める、全ての遺骨を散骨する、人工ダイヤモンドに加工する、自宅に保管する(手元供養)などの方法があります。
気を付けなければいけないのは、お墓と一緒に遺骨まで処分できる訳ではないということと、ご先祖様のお墓を閉まってしまうことで、この先自分が入るお墓を失ってしまうことにもなりかねないということです。

墓じまいで困っているイメージ

墓じまいを選択する前に

墓じまいを選択する前に、次の3つの質問をご用意しました。「いいえ」が一つでもある方はもしかすると墓じまいが最良の選択肢ではないかもしれません。(その後に書かれたアドバイスを参考に、他の選択肢をご検討ください)

Q1:現在、自分が墓じまいしようと思っているお墓を守る立場であり、管理費を支払うお墓の名義人である。

はい

墓じまいはお墓の名義人であるあなたの一存で進めることができます。ただし、そのお墓にお参りする親戚や管理している寺院や霊園などにきちんと事情とお考えを説明し了解を得てから行いましょう。いきなり決定事項のように伝えるのではなく、関係者とは事前に相談する時間を取るなどすれば無用なトラブルを避けることができるでしょう。

いいえ

【アドバイス】
改葬(お墓の中の遺骨を取り出す)の公的手続きは、お墓の名義人の方が行うものです。「いいえ」と答えた方は、まずはお墓の跡継ぎとして名義をご自身に移し、お墓を守る立場になることが先決です。

Q2:将来的には、自分の遺骨も墓じまいして取り出したご先祖様の遺骨と同じ場所に入れて欲しいと思う。

はい

今あるお墓が永代供養墓などの合同墓(納骨堂、永代供養墓、樹木葬墓地など)を整備していれば、そこに優先的に遺骨を移すことが出来る場合もありますので確認してみましょう。それがないようでしたら、まずはご先祖様と自分の遺骨を入れるための合同墓を遺骨の数の分だけ確保します。

いいえ

【アドバイス】
ご自身を含め、遺骨を一ヶ所にまとめることにこだわらないのであれば、バラバラの場所に合同墓を求めたり、遺骨を残さない海洋散骨や人工ダイヤモンドに加工するといった選択をすることもできます。ただし、遺骨の数が多いと思いのほか費用が多額になる場合もありますので注意が必要です。また、ご自身の遺骨をどうして欲しいのかは、事前に残される方にご希望を伝えておいた方が良いでしょう。

Q3:自分の死後は、お墓を継げる子供や親戚縁者がひとりもいない。

はい

現在、民間霊園の中には例えば30年間などの期限付きで墓石を建て、期限が過ぎると同じ霊園の中にある合同墓に遺骨を移し、墓石は霊園側が撤去してくれることで無縁墓にならずに済むプランを持つところが増えています。詳しくは「安心プラン」のページでご紹介しています。個別のお墓を建てることでご先祖様の遺骨とあなたの遺骨は同じお墓に入ることができます。
また、奥多摩霊園の樹木葬「家族永代供養さくら」は家族単位で樹木葬墓地を求めることができ、収骨制限もありませんので、今あるお墓から取り出した遺骨の全てとあなたの遺骨も同じ場所に一緒に入ることができるのでおすすめです。

<注意>死後、霊園があなたの遺骨を引き取りに来てくれる訳ではありませんので、行政書士などと死後事務委任契約を結び(公正証書にしておき)、第三者であったとしてもあなたを火葬して、そのお墓に遺骨を埋葬できるように頼んでおく必要があります。

墓じまいで困っているイメージ

いいえ

【アドバイス】
もしも子供や親戚がいるのなら、その中にあなたの次にお墓を継いで守ってくれる人がいないか、ぜひ相談してみてください。民法には「お墓の承継は慣習に従うか、相続させる者の指定に従う」とだけ記載があり、遺産の相続と違い順位がある訳でもなく、必ず配偶者や長男でなければいけないという決まりもありません(墓地管理者が定める規則が別にあればそれに従います)。親戚のどなたかがお墓を継いでくれれば墓じまいをする必要もなくなり、あなたご自身もご先祖様と同じ今のお墓に入れてもらえることでしょう。

お問合せ先

大野屋テレホンセンター

問合先0120-02-8888

[営業時間] 9:00~20:00 [定休日] 年中無休

お問合せ先

大野屋テレホンセンター

問合先0120-02-8888

[営業時間] 9:00~20:00 [定休日] 年中無休


上に戻る