1. 霊園・墓地トップ
  2. お墓の建て方
  3. お墓参りの仕方
お墓の建て方

お墓参りの仕方

お墓参りイメージお墓参りをすること、その際にお墓をきれいにすることは、亡くなったご家族やご先祖様へ感謝を表す大切なことです。

感謝の気持ちを表し供養することで、ご先祖様が恩恵をもたらしてくれるとされています。

ここではお墓参りの仕方として、お墓参りに必要な持ち物やお墓参りの手順、お墓のお手入れの仕方などをご紹介します。

お墓参りに必要な道具

お参り用品… お線香・お花・ローソク・マッチやライター・お供え物(お菓子・果物・故人の好物など)
手桶とひしゃく(管理事務所や石材店で貸し出してくれることもあります)

お掃除用品… タオルや雑巾・バケツ・ほうき・ちりとり・植木ハサミ・除草剤・ゴミ袋

お参り用品は仏壇店や霊園や寺院などの門前にある石材店などで購入することができます。
大規模な霊園などは管理事務所で販売している場合もあります。 お掃除用品は、普段家庭で使用しているものを利用されればよいでしょう。

大野屋の霊園前にあるお店はこちら

お墓のお参り・お手入れ用品のお求めは「メモリアルアートの大野屋WebShop」へ

線香・ローソク のお求めは「メモリアルアートの大野屋WebShop」へ

お墓参りの作法

1.お参りをする前に、お墓をきれいに掃除します。

ポイント(1)
周囲を掃き清め、大きな植木は剪定します 。墓石の周囲をほうきで掃き、雑草を取り除きます。植木がある場合、地中で根が張りすぎると、お墓を囲む石の柵を圧迫し、ひび割れや崩れの原因に。大きくなりすぎないように剪定しましょう。

ポイント(2)
柔らかい布で優しく、水洗いが基本です 。天然石でできたお墓は大変デリケート。洗剤や駆除剤を使用すると、墓石が痛んだりシミの原因に。柔らかいタオルやスポンジに水を含ませ、優しく洗うのが基本です。彫刻文字には歯ブラシを使うと便利です。

2.お花やお線香などの供物を捧げます。

ポイント(1)
お花はトゲのあるもの、花粉のつきやすいものは避けましょう。花立に水を入れてお花を挿し、水鉢に水を注ぎます。生花が望ましいですが、造花や鉢植えでも問題はありません。

ポイント(2)
お供え物は直接置くと墓石にシミがつくことがあるので、お菓子や果物には半紙を敷きます。お酒などの水以外の液体をかけると、墓石が変色することがあるので控えましょう。

ポイント(3)
お線香に火をつけ、香炉に置きます。お線香は数本でも束でも構いませんが、多量に焚くと高熱を発し、香炉にひびが入ることがあります。お線香を焚いた後に水をかけて急に冷やすこともひび割れの原因になります。

3. 心を込めてお参りします。

ポイント(1)
手を合わせてお参りをしたら、お供え物は持ち帰ります。カラスが散らかしたり、墓石に跡やシミを残さないためです。

お墓参りの仕方の動画

大野屋テレホンセンターのスタッフがお墓参りの仕方を動画でご説明致します。

お墓参りに関するアンケート調査

2011年に当社が首都圏・中京圏・近畿圏在住の20代以上の男女830名を対象に
「お墓参りに関するアンケート調査」を実施した結果の一部をご紹介します。

お墓参りに関するアンケート調査グラフ

お彼岸の常識のページはこちら お盆の常識のページはこちら

自分ではお手入れしきれない程の汚れは

お墓をきれいに保つには日頃のお手入れが一番ですが、長い間風雨や日光にさらされているうちに、落ちにくい汚れがたまったり、破損や変色などを起こすこともあります。

自分では落とせないほどの汚れ落としや破損した箇所の修理、伸び放題の雑草や植木、お墓の安全を守る地震対策などはお墓のプロが行う、メモリアルアートの大野屋の「お墓のメンテナンス」を利用してはいかがでしょうか。

お墓のメンテナンスのページはこちら

メモリアルアートの大野屋の霊園検索なら、
地域や宗教などの様々な条件からご希望の霊園・寺院墓地が見つかります。
資料請求リストにチェックすると最大10物件まで、まとめて資料請求できます。

矢印

お墓の建て方ガイドを差し上げています。応募ページはこちら

税込み表示の商品と税抜き表示の商品があります。税抜価格の商品につきましては、『+税』と表示しています。