大野屋×Aji Glass
コラボデザイン墓石

碧 ~Aoi~

 
Aji Glassとは

讃岐の山でうまれた庵治石をガラスに溶かしたら瀬戸内海の色になりました。

庵治石の粉をガラスに混ぜた時、
この石からは想像もつかないほどの
瀬戸内の空や海を連想させる美しいブルーを
発色したガラスが生まれました。

ガラス

この手法を編み出したのは、
香川県高松市の
アーティスト杉山利恵さん。

Aji Glassの誕生

「自分自身を表現すること =郷土の空気を表現すること」

そして行き着いたのは、
地元の方々が誇りとする
世界最高峰の石『庵治石』を
ガラスに溶かしこむこと。

ガラスコップ

色々な人たちの、協力のもとに試行錯誤の末、初めてひとつの蒼いガラスコップが誕生しました。それがAji Glassのはじまりです。

庵治石とは

「花崗岩のダイヤモンド」と呼ばれ、世界に類をみない、美しく上質な最高級国産銘石、それが庵治石です。

最高級品ラインナップ

庵治石極上

庵治石極上
Ajiishi Gokujou

黒雲母の数が多く、磨けば
青黒い斑点状の雲母が浮き上がり、
独特の上品さを醸し出します。

庵治石細目

庵治石細目
Ajiishi Komame

極上よりも少し青みが薄く、
斑点状の雲母も少なくなるが
極上に引けを取らない美しさです。

庵治石中目

庵治石中目
Ajiishi Chume

細目よりも多少石目が荒く、
色味も少し薄くなるが美しい
光沢と結晶のきめ細かさが特徴。

歴史

初めて史実に登場するのは平安時代。京都の石清水八幡宮の「建武回録記」という古文書に記されています。牟礼町の一部が石清水八幡宮の荘園であったとされ、庵治石が使用されたと考えられます。本格的に使用され始めたのは、天正時代(1573年~)ごろに高松城・大阪城築城の頃からと言われています。 庵治の港から運ばれたため、「庵治石」と呼ばれるようになりました。

産地

産地

香川県高松市庵治町~牟礼町にまたがる八栗五剣山の山麓から産出されます。

特徴

特徴

風化速度が遅く、経年変化に強い。水晶と同じ硬度で耐用強度に優れている。

施工例

施工例

美しく細かな細工も可能で、全国各地の著名な建造物にも数多く用いられています。

いつかAji Glassでお墓の作品を作ってみたかった… 杉山さんのその思いが、メモリアルアートの大野屋とつながりました。

大野屋×Aji Glass
コラボデザイン
墓石プラン
『碧 ~Aoi~』

※ 掲載されている墓石はグラフィックのイメージです。実物とは異なりますのでご了承ください。

※ 全てのガラス面には直接文字彫刻はできません。

全商品、庵治石とAji Glassの組み合わせ
※一部を除きます。

キルンキャスティング技法
耐火石膏で鋳型を作り、型にガラスの塊や粒を詰め、電気炉の中に設置。電気炉を高温にすることで、ガラスを溶かし、型に流れ込ませることで成形する技法。鋳造技法の一種である。型の種類・作り方、材料の種類・詰め方、温度の昇げ方・冷まし方、 全ての工程において作家それぞれの創意工夫があり、 出来上がる作品の個性として現れる。

刻
希
雫
光

さぬき庵治石硝子

「さぬき庵治石硝子」は
ガラス作家の郷土愛から生まれました。
初めてこの蒼が出たとき
言葉にならない感動が心を震わせました。
讃岐の山から、海の色が出た感動。
「瀬戸内ブルー」と名付けたこのガラスから
讃岐の温かい空気感
瀬戸内海の穏やかな情景
この土地の何かが伝われば・・・
そう想いを込めて
日々ひとつひとつ、手作りしている作品です。

杉山 利恵

Artist
杉山 利恵

Rie Sugiyama

Profile

1973
香川県生まれ
1996‐2010
インテリア会社・画廊・出版社にて勤務
2002‐2006
クリントピア丸亀 エコ丸工房(香川) 吹きガラス講座受講
2010‐2011
東京ガラス工芸研究所 基礎科修了
2011‐2013
富山ガラス造形研究所 造形科卒業
2013.11
Rie Glass Garden設立
2014.07
RGG Gallery OPEN

Exhibition & Works etc.

2011
富山ガラス造形研究所にて、庵治石硝子を創出
2012-2013
ギャラリーガラスのピラミッド(富山)等でグループ展多数
2012
香川県産品コンクール審査委員特別賞 受賞
2013.08
「 SHIKOKU CRAFT 」北海道札幌芸術の森 出展
2013.11
「 SHIKOKU CRAFT 」高松三越 出展
2013.12
アサヒビール ドライゼロ「四国限定キャンペーン」懸賞品に採択
2014.02
第3回 高松国際ピアノコンクール 協賛品出品
2014.03
「 FOOD NIPPON〈春〉 」出展 SIMPLICITY (東京・目黒)
2014.05
NIPPONの夏のガラス展 katakana(東京・自由が丘)出展
2014.06
「 夏を彩る器展 」高松三越 出展
2014.07
日本を巡る手仕事マルシェ 京都高島屋 出展
2014.09
瀬戸内生活工芸祭 出展(高松)
2014.12
「 RGG あかりと冬のガラス 」個展(RGG Gallery)
2015.06
Hacozen ニッポンの夏暮らし ハゴゼンの七夕 新宿伊勢丹 出展
2015.07
「 AjiGlass さぬき庵治石硝子展 」高松市石の民俗資料館 個展
2015.08
Portrait in summer エレクトロカーディオグラム (岡山)二人展
2015.08
Hacozen ごかんでごはん 日本橋三越本店 出展
2015.10
サヌキ壺 STEP CAMP BACE (神奈川)グループ展
2016.03
「 MITSUKOSHI JAPAN SENSES 」青の美
三越銀座店・三越高松店・伊勢丹浦和店 企画展
2016.04
「四国のブルー展」 nagaya (徳島)企画展
2016.04
「 blue 展」北浜デザインラボラトリー蒼 (高松)企画展
2016.07
Hacozen 「麺と酒~夏のもてなし~」 日本橋三越本店 企画展
2016.11
「 Lagoon 」エレクトロカーディオグラム(岡山)個展
2017.02
「香川の春のイロカタチ」伊勢丹新宿店 企画展

作品イメージ

お問合せ先

大野屋テレホンセンター

問合先0120-02-8888

[営業時間] 9:00~20:00 [定休日] 年中無休

お問合せ先

大野屋テレホンセンター

問合先0120-02-8888

[営業時間] 9:00~20:00 [定休日] 年中無休


トップページ

上に戻る